Research

試合観戦 #3

試合観戦 #2 からのつづき

————————

それからは早かった。

気づけば、というか、加藤さんのことなんか忘れちゃって、我が多忙の日々を過ごしていた6月末。

なんかの拍子で妻と大喧嘩をし、自分の放つ刃で自らも致命傷を負い、かなり久々にダウナーな時を過ごしていた6月末。

そん時に注目していたのはFacebookのタイムラインに流れる加藤さんの孤軍奮闘の様だった。

とにかく共感したのは、ATLANTISをどう届けたいのか、だ。
旧来の取次へ流して云々じゃなくて、できるかぎり最短距離で届けることへのこだわりを感じた。

まさに、これぞ、まさに。

そうそう、加藤さんの命を賭けた(勝手に言ってます)試合は、専用スタジアムで見たいんだよ。
しばらく加藤さんのウォームアップをスタンドから観つつ、僕にもできることはないだろうかと考え始めた。
それが6月末。

bollardで仕入れることも考えたけど、なんか違う。
そんなことを考えつつ、よい答えは見つからない。

どうやったら一番近くで加藤さんの試合が観れるのだろうか。

答えは急に降ってきた。
たしか、昼飯を近所の大阪屋(ゲキおすすめの食堂ね)で済ませたあとの帰路だったかと。

そうか、個人で仕入れて売れば、最前列に近いところで観戦できるし、これから俺がやりたいことともリンクする。
すぐに加藤さんにメッセージを送る。

「こんにちはー

あと1ヶ月切りましたね、日々の様子、FBで拝見しています

なんとか加藤さんの試合を最前列で観戦する方法はないものかと勝手に思案してまして、bollardで置かせてもらえないかな、とも思ったのですが、全然ちがう結論に至りまして

ATLANTIS、個人で買取仕入は可能ですか?
100冊で考えています

ただし、手売りと個人的なオンラインストア(これから作ろうかと)での販売がオーケーならば、なのですが

さっき辿り着いた考えなのですが、ちゃんと売り切る勝算があります、根拠ないけど

ご一考ください!」

もうすぐ試合が始まる。

試合観戦というか、一緒に勝手に参戦中 #1 につづく)
特集:
境界
THE BORDER

国境とは何か
目に見えない境界
目に見える壁
都市の境界線
アートの境界
雑文集「境界」